に投稿 コメントを残す

本人確認

レンタル業は、お客さんへの与信が命。という事で、マッチウォッチではユーザー審査を厳格に行っております。その一環として、本人確認作業をハイテク化しています。最近はメルカリ等でも取り入れられているeKYC、つまりは本人確認作業のオンライン版です。

 

当社ではLiquid社のサービスを利用しています(https://liquidinc.asia/liquid-ekyc/)。これにより偽物の免許証や偽物のセルフィ―画像などを使うことができなくなります。

 

に投稿 コメントを残す

サービス開始の目玉

サービス開始時の目玉として、ソニーの wena wrist というスマートバンドにセットできる機械式腕時計をレンタルするという試みをしています。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000111.000015876.html

 

アップルウォッチは便利だけど時計としては味がないな、という方は是非お試しあれ。どんなアナログ時計もスマート化できてしまいます。特徴のある時計を用意しようという事で、ロレックスの定番デイトジャストの文字盤を多色に改造したカラフル・デイトジャストシリーズなんかもあります。

 

腕時計、レンタルするならマッチウォッチで。

 
に投稿 コメントを残す

MatchWatch始まりました

2019年10月10日、MatchWatch(マッチウォッチ)のサービスがリリースされました。高級腕時計をレンタルできるサービス。その一方で、腕時計に投資する人達がマッチウォッチのプラットフォームに出品します。つまり、マッチウォッチは、腕時計の貸し手と借り手のマッチングプラットフォームです。