二人の間にあるもの

いきなりクイズです。二人の大人が机をはさんで向き合って、ミーティングをしています。「二人の間にあるもの」は何?

答えは幾つかあるでしょうが、ここでの答えは当然ながら「腕時計」です。

座ってミーティングをしていれば、腕は当然体の前にあって、相手の目の前にあります。そしてその手首には腕時計です。時計を見て相手を値踏みしようという話ではありません。お金持ち程、高級腕時計に飽きてアップルウォッチを愛用していることもありますから。ただ、身に着けているモノにその人の好みが反映されることがあります。であれば、腕時計は相手を知る上での丁度良い小道具であり、話を取っ掛かりにもなります。

そして、相手がいい時計をしていたら、すかさず褒めておくべしです。通常、褒められて悪い気はしません。ただ、自分が時計をしていないのに、相手の時計をベタ褒めしているとわざとらしさが出てきますから、自分も少し個性的な腕時計をしていると良いですね。

腕時計、レンタルするならマッチウォッチ

個性的な腕時計が揃っています