に投稿 コメントを残す

機械式時計の最大の矛盾

腕時計に時々感じる矛盾があります。

何十万、モノによっては百万円を超える機械式腕時計。その時々の気分で使い分けていると、手首に付けた時には止まっていることも多々あります。勿論、時間を合わせれば問題なく動き出しますが、その時間を合わせるため何をするかというと、スマホで時間を確認して合わせるわけです。

つまり、正確な時間を伝える事に関してはスマホが主で、それ専用の機械であるはずの腕時計は従なわけです。一瞬「腕時計って何のためにあるの」って怯んでしまいますが、腕時計の価値ってそこじゃないんですよね。

腕時計、レンタルするならマッチウォッチ

機械式時計は大人の嗜み

に投稿 コメントを残す

スーパー・コンプリケーション

秋もそろそろ終わりを迎えますが、みなさん読書はされましたか?時計が好きなら、この一冊をぜひお読みいただきたい。

その名もずばり「スーパー・コンプリケーション」。話は、1999年のサザビーズのオークションでパテックフィリップの複雑時計が1100万ドルというオークション史上最高額で落札された所から始まります。この世界最高の複雑時計「グレーヴスのスーパー・コンプリケーション」は、ヘンリー・グレーヴスとジェームズ・パッカードという二人の富豪が繰り広げた競争の産物だったのです。ヘンリーとジェームスの人生を遡り、繁栄を謳歌した1920年代のアメリカと時計産業が急速な発展を遂げたスイスを舞台に、世界最高の時計を手に入れるため、直接面識のないこの二人が、面識がないながらもお互いに執念を燃やし続けたその軌跡を丁寧に描いています。

たった100年程前の話ですが、この時の時計というのは腕時計ではなくて懐中時計です。懐中時計から腕時計への転換ってかなりの技術革新だったんでしょうね。

腕時計、レンタルするならマッチウォチで

懐中時計は扱っていません

に投稿 コメントを残す

トゥールビヨンもあります

ウン百万円するのが通常の高級腕時計の代名詞トゥールビヨン。見るからに大変そうな機構ですから、それも納得ではあります。マッチウォッチではさすがにウン百万円の複雑機構の腕時計は貸し出していません。

しかし、実は一機、トゥールビヨンの腕時計があるんです。しかも4週1.2万円というお手頃価格でレンタルできます。初回のクーポンも使えば、なんと1万円以下でトゥールビヨンが体験できてしまいます。

メモリジン(https://memorigin.jp/という、2011年にウィリアム・サムが設立した香港の腕時計ブランドの商品です。トゥールビヨンに特化し、ムーブメントの開発から時計の組立てを自社一貫で行っているマニュファクチュール・ブランドです。マッチウォッチで貸し出している商品は、香港ブランドらしくドラゴンの模様が描かれている、アジアテイストな一品です。

腕時計、レンタルするなマッチウォッチで

トゥールビヨンだって借りられます

に投稿 コメントを残す

トゥールビヨンってなんですか

ウン百万円するような腕時計でよく聞く言葉「トゥールビヨン」。一体何なんでしょうか。すごく簡単に言うと「渦巻状のヒゲゼンマイの姿勢を変える、重力分散装置」です。詳しい説明は、時計店などのサイトで提供されていますからそちらをご覧いただくとして、今の時代動画を見た方が何かと早いので、こちらをどうぞ。 

 

検索中に発見したこちらの動画がスゴイので是非見て欲しいです。なんと「レゴでトゥールビヨンを作る」というもの。そもそもこんな事レゴでできてしまう事が驚きですが、大きな装置で見せてもらうとわかりやすい。 

制作にどれほどの時間がかかったか分からないレゴの大作が動くのを見ていると、腕時計って大変なんだなー、とつくづく感じ入ります。

腕時計、レンタルするならMatchWatch(マッチウォッチ)

実はトゥールビヨンもあります

に投稿 コメントを残す

チュードル、それともチューダー?

前回は世界マラソン大会のオフィシャルタイムキーパ―の話を書きました。そこで、気になったのが、先日大成功に終わったラグビー・ワールドカップ。多くの方がご覧になったかと思いますが、オフィシャルタイムキーパ―がどこだったか覚えていますか?答えは・・・・、TUDOR です。

TUDORはワールドラグビーと、2017年から7年の長期契約を締結しているんだそうです。屈強なイメージで男心をくすぐっていくという戦略でしょうか。 https://www.rugbyworldcup.com/news/296716

ロレックスの弟分とされているTUDOR、ロレックス創始者であるハンス・ウィルスドルフの財団が保有しており、日本には2018年に本格上陸しています。チュードルと呼ぶのか、それともチューダーか?どうやら、日本ではずっとチュードルと呼ばれてきましたが、TUDORとしてはチューダーと呼ばせたいようで、HPにもそのように記載があります。

 

に投稿 コメントを残す

世界6大マラソン大会の時計スポンサー

ロレックスマラソンの話を書いていたら、少し気になったので調べてみました。

東京マラソン、ボストンマラソン、ロンドンマラソン、ベルリンマラソン、シカゴマラソン、ニューヨークシティマラソン を世界6大マラソン大会と呼ぶそうです。東京マラソン入っているんですね、新しい大会なのに意外です。マラソンの人気がなさそうなアメリカで3つも開催されていることも意外です。

  • 東京       セイコー
  • ボストン タグホイヤー
  • ロンドン なし
  • ベルリン タグホイヤー
  • シカゴ なし
  • ニューヨーク セイコー

タイムがすごく重要な競技なのに、時計のオフィシャルスポンサーが入っていない大会もあるのも意外。そして、モータースポーツのイメージが強いタグホイヤーがボストン・ベルリンと2大会のスポンサーなのも意外。

意外なことだらけのマラソンと時計界のお話でした。

腕時計、レンタルするならMatchWatch(マッチウォッチ)で

意外といい時計が揃っています

に投稿 コメントを残す

マラソン界の一大事

東京マラソンは札幌へ移転となってしまいましたね。そして、腕時計の世界でもマラソンに関する一大事が発生。

11月より、正規販売店で人気モデルの購入が制限されます。内容については、色々記事が出ているのでそちらに譲ります。

https://www.fashionsnap.com/article/2019-11-02/rolex-shop/

今回の措置は特約店と呼ばれる正規販売店を運営する20社の独自の取り組みで、日本ロレックスは関与していないとの事。とは言っても関与がないわけないし、本当にないのだとすると見事な忖度です。でも、これでロレックスの人気モデルの高騰は抑えられるんでしょうか。締め付けられればられる程、逆に人気が過熱してしまったりして。

ロレックスの人気モデル、レンタルならMatchWatch(マッチウォッチ)で

デイトナ、サブマリーナ、ディープシー、エクスプローラーI&II 全て揃っています

に投稿 コメントを残す

マラソンと言えばロレックス

ロレックスマラソンという言葉をご存知でしょうか?ロレックスがスポンサーしているマラソン大会ではありません。供給を絞っていることで有名なロレックス。デイトナ、サブマリーナなどのスポーツロレックスと言われる人気モデルは、そもそも正規販売店の店頭に並んでいないし、定価で買う事はほぼ無理。仮に買えれば、そのまま買取店に持ってい行けば数十万から百万超の利益が出てしまう事も。そんなものなら誰だって欲しい。

入荷した商品は、お得意さんに裏で回している(た)と思われますが、それも利益供与みたいでよろしくないという話も出てきて、入荷された商品はそのまま店頭に並べるようにしたという話も聞きます。そうなると、いつか出てくるお宝を狙って、ロレックスの販売店をひたすら訪問し続ける人達が出始めるわけです。そして、いつの頃からかこのひたむきな行為はロレックスマラソンと呼ばれるようになりました。

 この言葉を知った時に、私も外出ついでにロレックスのお店を除いてみましたが、2・3回で止めました。お宝に巡り会う確率は、宝くじ並みだろうと・・・。ロレックスマラソンの女性版として、エルメスのバーキンマラソンというのもあるようです。

 

ロレックス、レンタルするならMatchWatch(マッチウォッチ)

デイトナもサブマリーナも揃っています